火浦功・・・超遅筆?

超遅筆な作家さん「火浦功」
短編集は読みやすくてオススメ♪
たたかう天気予報
丸太の鷹

こっちは長編&連続モノ。

スターライト・ぱ~ふぇくと!

=PR 書籍・マンガ・CD・DVD=

人気コミック全巻セット販売



【オンライン書店ビーケーワン】新聞書評の本
新聞の書評で取上げられた本をピックアップしてご紹介します。


限定盤!特典付き!タワレコ・オンリーが盛りだくさん!!

プラスワン

超レア!サイン入りDVDオークション複数出品中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉所恐怖症と言えば・・・面堂終太郎!(うる星やつら)

閉所恐怖症と聞いて思い出すのは・・・

「暗いよ!狭いよ!怖いよ!!」
と叫びまくっていた面堂終太郎。
うる星やつら、なつかしいな~。
ちなみに面堂終太郎は閉所恐怖症でもあります。






映画: うる星やつら オンリー・ユー映画: うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー映画: うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ映画: うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー映画: うる星やつら 完結篇映画: うる星やつら いつだってマイ・ダーリン諸星 あたる(もろぼし あたる)(声:古川登志夫)ラム(声:平野文) 面堂 終太郎(めんどう しゅうたろう)(声:神谷明) 三宅 しのぶ(みやけ しのぶ)(声:島津冴子) 藤波 竜之介(ふじなみ りゅうのすけ)(声:田中真弓) 白井 コースケ(しらい こうすけ)メガネ(声:千葉繁)パーマ(声:村山明)チビ(声:二又一成) カクガリ(声:野村信次) テン(声:杉山佳寿子)ラン(声:初代井上瑤、二代目小宮和枝) 弁天(べんてん)(声:三田ゆう子) おユキ(声:小原乃梨子) レイ(声:玄田哲章)サクラ(声:鷲尾真知子) 錯乱坊(チェリー)(声:永井一郎) 尾津乃 つばめ(おづの つばめ)(声:井上和彦) キツネ(声:菅谷政子) 面堂 了子(めんどう りょうこ)(声:小山茉美) 温泉マーク(声:池水通洋) コタツネコ(声:西村朋紘)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「佐賀のがばいばあちゃん」のシリーズ本はこんなにいっぱいあるんだ~(^○^)

佐賀北(佐賀県)と広陵(広島県)の対決は満塁ホームランもあって劇的でしたね~!
島田洋七さんは両方応援したんですね、甲子園。
それにしてもまだまだ本は売れまくりっ。
印税生活がうらやましい~!!

◆まずは有名な第1作目の本。
佐賀のがばいばあちゃん

◆料理本もあります。
佐賀のがばいばあちゃんのレシピ

◆DVDも出てます。
佐賀のがばいばあちゃん/吉行和子[DVD]

 

◆甲子園盛りあがりましたね~。
がばいばあちゃん佐賀から広島へめざせ甲子園

◆カレンダーも出ちゃいます。
★お買得!送料込み!【佐賀のがばいばあちゃん】2008年版カレンダー

◆まだまだあるがばいばあちゃんの本。
がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉

がばいばあちゃんの幸せのトランク

がばいばあちゃんの贈る言葉

がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

島耕作のモデルは若大将(加山雄三)だった

『現在は「専務」まで昇進した週刊モーニングの人気シリーズ「課長島耕作」の
モデルは歌手加山雄三(70)だった!~中略~
作曲家・加山のペンネーム「弾厚作」が自然に浮かび「島耕作」とした。』

というニュース記事が出てました。
島耕作ってギター弾いたり、船に乗ったりするのかな~?

~加山雄三~



~島耕作(弘兼憲史)~


現在は「専務」まで昇進した週刊モーニングの人気シリーズ「課長島耕作」のモデルは歌手加山雄三(70)だった! 原作の漫画家弘兼憲史氏(59)がNHKラジオ第1「音楽熱中倶楽部 サマースペシャル」(7日午後8時5分)の収録中で加山を前に連載開始から24年にして初めて明かした。 洋楽ファンの弘兼氏だが、加山へのあこがれは特別で、若大将ブームを巻き起こした歌や演技だけでなく、その生きざまにもほれ込んだ。例えば66年にビートルズが来日した際、加山は日本の著名人を代表してメンバーと会食したが、誰もが欲しがったビートルズのサインをもらわなかった。その理由は「サインはもらうものではなく、するものだから」。 スターのプライドを貫くエピソードの数々も弘兼氏を心酔させた。サラリーマンとして会社に忠誠を尽くしながら、正義感を失わない主人公を命名するとき、作曲家・加山のペンネーム「弾厚作」が自然に浮かび「島耕作」とした。番組では「顔や生き方も自然と近づいていった」と打ち明け、70歳を迎えた加山に古希の祝いとして色紙を贈った。 加山は10年ぶりのオリジナルアルバム「星の旅人」を7月に発売。年齢を重ねても現場に立ち続ける姿が、島耕作に通じている。シリーズは課長から部長、取締役、常務、専務と昇進を重ねるごとにタイトルを変えてきたが、根底にあったのは「若大将島耕作」だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)